9/19/2020

ベガの日記

こんにちは!ベガポスックスです。

本番まで2ヶ月を切りました。現在はグループ活動や細かな設定の話し合いが続き、場面練習に集中することができずにいます。長期戦が苦手で、体を動かすことが好きな私たちのクラスは、このような状況により停滞しつつあります。

しかし、イメージ共有の話し合いをきっかけに色々な問題点が出てきました。

そのきっかけとなった話し合いは、各グループが作って来たもののイメージをクラス内で共有するというものでした。

しかし、今までお互いにクラスでの共有をしてこなかったため、イメージの食い違いが多く出てきてしまいました。

大事なことは日頃からそれぞれの想いを声に出すことです。そのことを皆は改めて感じたのではないでしょうか。

十人十色、クラスが一丸となって一つの作品を作るには正直に意見をぶつけ合い、お互いをしっかり受け入れながら共に進んでいくことが大切なのだと思います。

ここからは気を取り直し、それぞれが再び立ち上がっていくのだろうと感じています。一人は皆のために、皆は一人のために…。


次回もお楽しみに!

ベガポスックス

9/12/2020

みんなの歩みを形に

 こんにちは。メイキング制作班です。私達は普段3人で活動しています。主に、カメラマンをしてくださっているプロ、映像作家の早川さんとの構成やスケジュールの打ち合わせを担っています。

それぞれのメンバーが他の制作グループとの兼任しています。そのため忙しい日々を送っています。でも、各々、日々奮闘しています。それに加えて、クラウドファンディングのリターンの歌唱動画の編集も私達が担当しています。

現在、第一回が公開されています。これから第二回、第三回と、クラスのみんなの意見や理想などを上手く取り入れながら、早川さんと4人5脚で作っていきたいと思っています。ご期待ください!

次回は9月18日に更新します!

メイキング係 アンタレスミラはくちょう座X-1

9/04/2020

多くの人に伝えるために

こんにちは! 広報係です。 

広報係は5人で活動を行っています。

広報係の仕事は、演劇をたくさんの方に知っていただくことです。

演劇の世界観が伝わるようなブログ、ポスター、チラシを制作するため、何度も話し合いを重ねてきました。

しかし、新型コロナウイルスの影響で、活動内容が変更。春休み明けから例年とは異なる形で広報活動をしています。特にブログの発信に力を入れています。

広報係は賑やかなメンバーが揃ったこともあり、話し合いの途中に話がそれてしまう事もしばしば…。

各自得意なことを生かしながら楽しく活動に取り組んでいます。

[メンバー紹介]

オリオン

広報の頼れるリーダーです。メンバーの時技を生かせる指示を出します。

普段からしっかり者の彼女は、広報のお母さん的存在です。

アルナイル

文章もポスターのイラストも器用にこなすアルタイル。

普段はふわっと可愛らしい彼女は、広報の癒し担当です。

アルクトゥルス

キャスト表を担当しています。

自称頼りがいのある、高身長お姉さんです。

ペテルギウス

絵のセンスが抜群の彼女はポスターの制作でとても活躍しました!

常に笑顔な彼女は、広報の元気の源です。

カストル

電子機器が苦手な広報係のため、大小道具係と兼任してブログの制作に大いに貢献してくれている心優しいお兄さん。

 さて、先日は舞台の制作をクラス全員で行いました。今年は校庭に設置するため、雨が降らないように願いながら当日を迎えました。しかし、その日は十分すぎるほどの快晴!8月も終わると言うのに36度を超える猛暑日でした。そんな中でも、こまめに休憩をとりながら作業を行い、先生方のご協力や、大小道具の活躍もあり、なんとか1日で舞台基礎の制作を終えることができました。出来上がったときの達成感は、なんとも大きいものでした。お見せできる日を楽しみにしています!


次回は、9月11日にお届けします!

広報係 オリオンアルナイルアルクトゥルスペテルギウスカストル

8/28/2020

音の可能性を探り隊

音響グループ説明 


音響グループは、 主に演劇内での歌、効果音、BGM の作成を担当しています。グループ内には楽器経験者が多く、自粛期間中にもそれぞれが台本を読み込み、場面に合った音楽を作成したり効果音を考案したりと、より良い演劇のために自分たちの得意分野を活かして活動してきました。

その中でも、主題歌には特にこだわりました。メロディーと歌詞を試行錯誤を重ねて作り上げ、四声のハーモニーからなる美しい曲に仕上がりました。私達の「エル・ シオン」に対する想いが詰まった自信作です! 是非お聴き下さい! 

メンバー紹介 

アルタイル  作詞・作曲から演奏、スケジュール管理に至るまで全てをバランス良くこなす音響グループの頼もしいリーダー、アルタイル。原作の世界観が壊れないよう、常に音楽と物語の響き合 いに耳を傾け、演劇成功への情熱を燃やす。 

ミラ クラスでも音楽の才能はピカイチのヴィオリスト、ミラ。どんな曲でも歌えばすぐに楽譜に起こしてくれる。その才能と技術は主題歌作成時に大いに貢献した。彼女が奏でるヴィオラの音色は見逃せない。本番に期待大だ。 

ベガ 場面ごとに、今どういう音楽や効果音が求められているかをきちんと理解し、アドバイスを周りに与えてくれるベガ。劇中歌へのこだわりは人一倍強く、意見をしっかりと持ち、発言する。メイキングの BGM 録音にもチェロで参加している。 

ポスックス  いつもは温厚だが、皆が行き詰まった際には音響グループの主柱となるポスックス。日頃から音楽が作品に及ぼす影響力に注目している。強みであるギターをツールに、音響に力を注ぐ!  

はくちょう座X-1 広い視点から的確なアドバイスを出す、はくちょう座X-1。名前から分かる通り一人異彩を放っている。感性のまま音響グループを支える。変人の多い音響グルー プ最後の砦。

次回は、9月4日に広報係がお届けします!お楽しみに。

音響係 アルタイル ミラ ベガ ポスックス はくちょう座X-1


8/21/2020

役作りを支える衣装

 こんにちは!衣装係です。

衣装グループは、これまでおよそ70役の衣装デザインを考えてきました。演出などの影響で、まだ増えそうで、内心冷や冷やしています。衣装制作をしたいと集まったメンバーであったため、デザインに苦手意識もありました。しかしクラスメイトにも協力してもらい、色や生地の質感を含めデザインのほとんどを終えました。また、場面ごとに全体のバランスを考慮し、練り直しを重ねました。

夏休みの初め、毎年お世話になっている手芸屋さんに行ったところ、臨時休業の張り紙が貼ってあり、布を用意するところで待ったをかけられていました。

これからは、現代風になりすぎず、作品の世界観を出すことや動きやすさを大切に、製作していきたいと考えています。

次回は、8月28日音響係からお届けします!お楽しみに。

衣装係 プロキオンアトリアスピカ

8/14/2020

イメージを形へ

 こんにちは!大小道具係です。

【大道具グループ】

COVID-19の影響により会場が屋内から屋外へ変更されたことで、当初のイメージは一旦スタートラインまで戻されました。しかし、インパクトのある大道具を作ろうと意気込んでいます。

現在は、8月末の舞台基礎設営日に向けて、案を練っている状況です。

特設ステージを張り出す”学校の校舎”を最大限に有効活用し、その中で、作品のイメージを伝える工夫を施すことと、演者にとって使いやすい設計にすることを両立させることが課題です。

あれやこれやと面白い案の出てくる、欲の多いメンバーですが、現実(工数や予算など!)も見ながら頑張っていきます。


【小道具グループ】

小道具グループは、人手が必要な大道具の方へ駆り出されることも多いですが、着々と進めています。

現在は、ストーリー上必要となる小道具のデザインを考え、演出係や全体統括の美術統括係と調整を進めている段階です。

登場人物の持ち物など、原作では抽象的に描かれているものを具体的に、なおかつ作品の雰囲気を損ねないようデザインすることに苦戦しています。

既に製作作業を始めているものもあり、その中で電動ヤスリの便利さに気づきました。膨大な量の小道具を作ることへの不安が和らぎ、少し安心しているところです。

丈夫で使いやすい道具を製作できるよう、一同励んでいきます。

次回は、8月21日衣装係がお届けします!お楽しみに。

大小道具係 シリウムアスピディスケレグルスカストル


8/07/2020

小説から脚本へ

 こんにちは!脚本係です。

脚本制作はグループではなく、アルファルド1人で行っています。

性格上、一人でも楽しくやれているのですが、制作グループがそれぞれ進捗状況を共有しあう際に忘れられがちなのが時々寂しいです。

活動内容はもちろん脚本を書くこと。

原作を読み込んで、その世界観や物語の流れ、登場人物たちの個性を理解し、

それらをクラスで演じられるよう台詞に起こしていきます。

原作の魅力を損なわず、劇として面白いものを創ることは、脚本を書いた経験のない私にとってはとてつもなく難しいことですが、クラスメイトのアドバイスや応援に支えられ、なんとか書くことができました。

今は最終稿に奮闘中!!

次回は、8月14日大小道具係がお届けします!お楽しみに。

脚本係 アルファルド

7/31/2020

エル・シオンの世界を考える

こんにちは!演出グループです。

まず初めに、ここまでの活動内容をお話しします。

演出は、原作と台本を読んで場面のイメージを膨らませ、クラスみんなのイメージも取り入れ、どうすれば舞台にそのイメージを表現出来るかを考えてきました。

次にメンバーを紹介します。真面目でしっかり者のスバルと、マイペースで自由人のベアルックスの2人です。演出が2人というのは例年より少なく、日々ハードで疲れることもありますが、2人で力を合わせて頑張っています。

これからは、場面ひとつひとつへの理解や解釈を深め、繋がりに違和感がないかなどを確認していこうと考えています。その他にも、アクションシーンや、劇中歌、ダンスの場面の演出にも力を入れていこうと思っています。以上、演出でした。

次回は、8月7日脚本係がお届けします!お楽しみに。

演出係   スバルベアルックス


7/24/2020

演劇本格始動!


こんにちは、全体統括です。
全体統括は、本番までのスケジュールや練習日のタイムスケジュールなどを管理します。また各グループの活動や先生と生徒をつなぐことも私たちの役割です。

私たち全体統括のメンバーを紹介します。 
・スケジュール管理、話し合いの進行が得意なアンタレス。演劇にかける想いは人一倍熱く、妥協は絶対許さない「熱血漢」! 全体統括グループのリーダーであり、その牽引力には目を見張るものがある。でも頑張りすぎて火傷しちゃうのが玉に瑕。
・クラスを俯瞰し的確なアドバイスを出すのが得意なシャウラ。なんで統括に入ってしまったのかと嘆く自称「暇男」。クラウドファンディングのグループにも入っており、ページ作成に大いに貢献した。
アダーラもリーダーシップがありリーダーが不在の際クラスをまとめてくれる。
衣装や大小道具、音響などのイメージにズレがないか、世界観を統一するための確認を行う美術統括の「優男(仮)」。

7月に入りようやく4週間の演劇メインレッスン期間が始まりました。コロナウイルスの影響で長い間、演技練習に入れなかったため、このメインレッスンをクラス全員が待ち望んでいました。

ここで練習の流れを紹介します。
(メインレッスン:演劇 ex.7/6-31)
8:30 朝の挨拶

8:40 ランニング

8:50 ホールの掃除

9:00 筋力・体幹トレーニング

9:10 滑舌練習、感情表現などのエクササイズ

9:20 場面練習

10:10 全体共有

場面練習を始める際には、その場面はどのような場所か、その人物はどこから何をしにここへ来たのか、またどこへ向かうのかなどの設定やイメージを共有します。共有が十分できたら、読み合わせをし、最後に動いて演技します。

このメインレッスン期間では、場面作り以外にも、飛鳥井かゞり先生による音声表現や江坂一平先生による身体表現の特別授業があり、日々学びの毎日です。

私たちのクラスは、演劇に対しての熱量が大きいです。しかし、動き演じることに比べ、物語を読み込み細部まで考えることは得意ではなく、やる気が空回りしてしまうこともあります。やろうやろうとする割に、作品の世界を全員がしっかりと共有できていない。それに気付いたある日、みんなでもう一度、街の地図と辞典づくりをする時間を持ち、作品への理解を深める過程に戻りました。
ほかにも制作グループの活動時にうまく連携が取れず、すれ違いで時間を無駄にしてしまうこともありました。これらクラスの弱点は、全体統括の力不足の表れでもあります。今後は、より広い視野でクラスを把握し、クラスの熱量を先導して、本番の日まで引っ張っていきたいと思います。

次回は、7月31日に演出係がお届けします!お楽しみに。

全体統括 アンタレス シャウラ アダーラ

7/16/2020

これまでの活動-題材選び-

昨年の4月からクラス全員で題材となる作品を探し、話し合いを重ねました。私たちの学校では意思決定の際は多数決ではなく、全員が納得して初めて先へ進むというやり方をとっています。そのため決定までには時間がかかりますが、決まった後は一丸となって行動することができます。演目を探す中で小説『エル・シオン』に出会い、夢を持つこと、強大な力から自立することの意味を考え伝えようと、この作品に決めました。題材選びの後は脚本や大小道具、衣装から劇中の音楽まで、全て自分たちの手で作り上げていきます。