クラス紹介


 私たち12期生はまさに23人23色。一人一人が自分の色を持っています。クラブに打ち込んできた者、趣味を満喫する者、古墳に恋する者…、その様々な色が集まり、クラスという名の虹ができています。
 今回の演劇では私たちの持つ色を最大限に発揮できるよう、野外劇という大きな挑戦をあえて選択しました。また、題材はいくら難しくとも多くを挑戦できるものがいいと、ミヒャエル・エンデ作「サーカス物語」を選びました。一度読んだだけでは見えてこないこのお話のテーマを探すため何度も読み込み、話し合いを重ね、理解を深めてきました。
そして改めて、“このお話は私たちに何を伝えようとしているのか”ということを本番まで深め続け、私たちのクラスらしく「挑戦」を忘れず、とことんこだわり、舞台を全員で創っていこうと決意しています。
お話の中で“サーカス団員の心を変えたもの”は何なのか? 
それを皆さまに伝えることができるのか? 

ぜひ私たちの「挑戦」を会場でご覧ください。