2018年7月19日木曜日

「舞台・大道具は役者を支える土台をつくる」ただそれだけ

 夏に野外劇をやるのだから、暑いのは重々承知でした。けれどこんな猛暑日の連続まではさすがに誰も予想するわけがありません。その酷暑を存分に感じながら、僕たち舞台・大道具製作グループは製作を進めてきました。舞台を校庭に設置するため、他学年の授業がある間はなかなかその舞台を固定するわけにもいかず、役者からはいつ本番通りになるんだと思われ続けていました。先日ようやくほぼ本番どおりの設置が終わり、あとは役者のみんなに舞台を託すときが来ました。残りわずかな本番までの日々を細かい調整や修正をしながら過ごしています。
 これが本番前最後の投稿になります。みんなのギアも最終段階に入りました。挑戦し続けてきた私たちの集大成となるこの公演に、足をお運びいただければ嬉しく思います。

舞台・大道具製作グループ カルボナーラ、炒飯、アーモンド