2018年6月27日水曜日

ザ・ミッション

大道具・舞台グループです。
「サーカス物語」の演出に、学校の木造校舎の雰囲気を活かしたいと、私たちは学校の校庭に舞台を作ることを決め、大道具グループがその舞台や客席の設計を担っています。

先週末(6月16日)にクラス全員でメインステージを作り上げました。その時のエピソードを一つ…。

作業が半分ほど進んだところで、出来上がった舞台の床下に角材を入れ、補強する必要があることがわかりました。そこで、ゴボウさんと梅ぼしさんが果敢にもその床下に潜り込み、狭い隙間を匍匐前進(ほふくぜんしん)。周りの皆がハラハラしながら見守る中、無事角材を隙間に挟み込み、見事ミッションを果たして生還した二人は全身砂だらけでした。ゴボウさんに至っては、顔まで砂だらけ…。
(舞台の下は身動き取れないほど狭かったのですが、意外と落ち着く空間でした。・・・byゴボウ)

打ち合わせや練習で遅くなった日には、日のくれた校舎と舞台を眺めながら、本番に思いを馳せています。

会場自体で物語の雰囲気を味わってもらえるように、いまは会場の装飾作りに奮闘しています!お楽しみに!

              大道具・舞台 ゴボウ ほしいも ひよこ豆